お申し込み

接客サービスマナー検定について

HOME > 検定について > 検定のレベル

検定のレベル

3級問題のレベル

3級問題のレベル
高校で学ぶ程度の基礎的なサービスマナー能力を問う試験です。接客サービスの仕事に就くのに最低身につけておきたいマナーの基本など、社会人や高校生が自分のマナー知識・能力を試すのに適したレベルです。

2級問題のレベル

2級問題のレベル
エアライン業界やホテル業界、ブランドビジネスを初めとした質の高い接客サービスが求められる分野での接客サービスマナー能力の基本が求められるレベルです。様々なお客様に対しても基本的に納得していただける能力が身に付いているかどうかが問われるレベルです。

準1級問題のレベル

準1級問題のレベル
ワンランク上のサービスを求めるお客様への対応が十分にでき接客サービスマナーの能力を知識だけでなく行動できるレベルです。一次試験合格者に対しては二次の実技試験の際に、実際にどのような行動を取ることができるのかを面接形式で問われます。

1級問題のレベル

1級問題のレベル
接客サービスのプロとして経営の立場からも考えることができ、知識・行動ともにお客様に満足していただけるレベルです。
筆記試験は準1級と同じですが合格ラインが異なります。一次試験合格者に対しては二次の実技試験の際に、実際にどのような行動を取ることができるのかをロールプレイング形式で問われます。