お申し込み

接客サービスマナー検定について

HOME > 検定について > 検定の構成

検定の構成

検定の形式

接客サービスマナー検定の試験形態には次のような種類があります。

2級・3級
筆記試験(50問 60分)
準1級
筆記試験(65問 80分)+実技試験
1級
筆記試験(65問 80分)+実技試験
接客サービスマナー検定取得講座

問題の構成

基礎問題(敬語・席順・電話の応対など)ビジネスマナー漢字の読み書き外国人のお客様への対応シチュエーション問題サービス全般
接客サービスマナー検定取得講座

合格ライン

3級
筆記試験 100点満点中70点前後が合格の目安
2級
筆記試験 100点満点中60~65点が合格の目安
準1級
筆記試験 100点満点中60~65点が合格の目安
実技試験 グループ面接(相対評価)・シチュエーション実技(絶対評価)を合計して60%以上のポイント取得が合格の目安
1級
筆記試験 100点満点中75点前後が合格の目安
実技試験 個人面接・シチュエーションに基づくロールプレイング実技を合計して60%以上のポイント取得が合格の目安
接客サービスマナー検定取得講座