お申し込み

接客サービスマナー検定について

HOME > 検定について > 接客サービスマナー検定とは

接客サービスマナー検定とは

エアライン・ホテル・ブライダル・リラクゼーションなどの業界だけでなく、医療・介護分野や金融業界をはじめとした様々な分野でワンランク上の上質な接客サービスが求められるようになっています。

接客サービスマナー検定はこれら多くの業界で注目を浴びている接客サービスの能力を判定する検定試験です。 接客サービスの基本からビジネスマナー・クレーム応対などの様々な知識・技能により、ビジネスの世界でお客様に対して好印象を持っていただくことは非常に大切になっています。

立ち居振る舞いや接客サービスの基本からビジネスマナーなどの様々な知識・技能により、ビジネスの世界でお客様に対して好印象を持っていただけるような人材の育成を接客サービスマナー検定の大きな目的としています。

→接客サービスマナー検定対策講座開催中

検定取得のメリット

接客サービスマナー検定の取得により、高度な接客サービス能力を身につけていることが証明され、また接客サービスに関わる知識や技能により、様々なシチュエーションにおいてお客様に満足していただけるサービスを提供することができるようになります。

また、エアライン業界をはじめとした高度なサービス適性を求められる業界への就職にも役立てることが可能となります。

検定受検について

接客サービスマナー検定の試験形態には次のような種類があります。

公開会場でのペーパーテスト
(札幌・仙台・東京・横浜・新潟・金沢・名古屋・京都・大阪・広島・高松・福岡・鹿児島・那覇)
●3級 ●2級 ●準1級一次 ●1級一次
団体受検による各地でのペーパーテスト(要登録・試験日は任意に設定可)
●3級 ●2級 ●準1級一次 ●1級一次
実技試験~面接(東京・名古屋・大阪・福岡)
●準1級二次 ●1級二次